まだ活躍

ネスターマーティンS43導入後、夜ほぼ毎日慣らし運転をかね焚いています。
予想していたのですが、燃えている最中にドアを開けると煙りが出ます。これは構造上仕方の無い事なので、予想通りで納得してますから、追加の薪投入は炎をあまり上げない熾き火になってからかな。
「かな。」と付くのは、薪追加をするまでもなく、最初の火付け時にバランスよく薪を組むと、二時間以上放っておけるから、あとは寝て鎮火を待つだけ?(待たないで、寝てるけど!)
上に組む薪を大きめにすると三時間はOKでしたし、空気量の調整はリニアな感じでわかりやすいです。
遊び過ぎて空気を絞り過ぎ・バックパフ・まで体験しましたが、おかげで、空気量の最小絞り位置もほぼつかめました。

うん、扱いが簡単で、苦にならない。(楽しみが無い、とも言うにらしいがΣ( ̄▽ ̄ノ)ノ)

a0041183_22424648.jpg

[PR]

by kunenkansouhouse | 2012-05-22 22:42 | 住まい・薪ストーブ  

<< トツプを使ってみる。 金環食 >>