煙道穴明け

屋根屋さんが雪止めを取り付けにきてました。そのあと、煙突囲いの屋根穴開け取り付けを屋根屋さんと行ないました。煙突囲いは既にほぼ組み立て済みで、あとは取り付けるだけになっていましたので重かったと思います。(よく上まで載せたなー)仕上がりはまだまだ、囲いのサイディングも内側の耐火ボードこれからです。

わがままを言って煙突芯を測ってもらいました、煙突囲い芯-二階床抜き-炉台との誤差2mmです。「ここまで正確だと、すごいなー」と思いました。

一階床の唐松羽目板と、二階床の杉羽目板、腰壁用の杉羽目板、その他木材がたくさん入ってきました。
a0041183_222079.jpg

[PR]

by kunenkansouhouse | 2005-12-06 21:33 | 住まい・薪ストーブ  

<< 排煙窓が到着 FM局開局 >>