薪積みと養生

昨年秋に親戚から運んでもらったなら薪一棚分は極細を除いて全て割り終えましたが、ここ数日の強風で養生のため上に掛けていたポリカーボネイト浪板が飛ばされてしまいます。初めは割った薪太めを載せていてダメ、次は枦台積み余りのレンガを載せてもダメ、今はアプローチに使った平版300*300*60を載せることでやっと飛ばされなくなりました。四隅に柱を立てていないので端端の井型に積んだ部分のバランスが重要!

1.2立方を3.5基ですが、これに先きに書いた極細を積んで4基強くらいになりそうです。義理兄へ少々分けましたから一棚分には少し欠けます。
a0041183_9561950.jpg

a0041183_9564841.jpg

[PR]

by kunenkansouhouse | 2007-04-10 20:07 | 住まい・薪ストーブ  

<< 華麗なるカレーブランチ 給食も早速始まる >>