薪食いのお客さん

暖かくなってくると薪から何やら「カサッ、カサッ」と音がしはじめ、樹皮側からパサパサの粉が落ちてきます。これが幼虫の仕業、何の幼虫かは知りませんが、さっさと使った方が良さそうです。焼いて食べるわけにもいきませんし!今日も、焚き付けように太めの薪を小割りにしていたら出てきましたお客さん。あまり気持ちの良い物ではありませんが、カメラに収めてさっさと処理しました。妻は、前に一度見たのですがもう勘弁だそうです。
a0041183_1556798.jpg

[PR]

by kunenkansouhouse | 2007-04-20 15:56 | 住まい・薪ストーブ  

<< 誕生日 芽ほころぶ >>