リンゴ剪定枝

ここ、二戸市金田一はリンゴ栽培が盛んです。もちろん毎年剪定がおこなわれ大量の枝が出る(はずなのですが)、どなたか薪焚きをおこなわないリンゴ農家がいないかなー!原木置き場はいつでも受け入れOKなので、もしよいお話が有ったらお声がけをお願いします。(約90センチ程度の長さに切ってあれば取りにお伺いします(。・_・。)ノ。
さて原油高の昨今、6月にまたガソリンの値上げするでしよう。もちろん灯油も上がりぎみ、これに伴い薪ストーブが再び見直されはじめているらしいのですが、それでも、これを一冬焚き続けるには、大量の薪を準備する気合いが無ければ勤まらないような気がします。(あの暖かさを考えるだけで笑みがこぼれますがね)
薪作りには切るも大切でして太い購入原木はチェンソーをブン回しますが細い材には安定せず危険が伴い効率が悪すぎます。
よって、別な道具か必要となってきます、少量の時は手ノコギリで・ギコギコ・していたのですが、DIY用の電動丸鋸190mmとツールスタンドを組み合わせると太さ6センチまでは一発で切れます、裏表を上手く使えれば12センチまでOK!丸鋸を手持ちで操作するよりも、テーブルソーの方が効率も良いし危険も少なく重宝しますよ。丸鋸とツールスタンドの価格を足しても、一万円弱で収まりました。
a0041183_1922256.jpg

リンゴの剪定小枝、切った山。
a0041183_1944236.jpg

[PR]

by kunenkansouhouse | 2007-05-29 21:03 | 住まい・薪ストーブ  

<< 薪ストーブ<燃焼方式> サラダ >>