端っこ

今日は、十三日の金曜日・・・と言えば”ジェイソン”もちろん気分だけ!
全部の原木のバラし(玉切り)が終了したので当分はチェンソーを使う事は無くなりました。(これはこれで寂しい)
原木で買う約二メートルちょっとの木を玉切りしていますが、曲がった物、ビミョーに長い物など多く、端っこが出てしまいます。これらもある程度の長さになると(径より短い物多数)割りに掛かります、我が家には、薪割り用のマサカリ(和斧)又はアックス(洋斧)がありません。枝払い用のハンドアックスが一本あるのみ、結局クサビ&カケヤ(ハンマー)の出番、太い物だけでなく、ひねくれ者(薪?)にも結構いけます。しかし、今回の最終薪割りに出くわした強者多数、
節有りよじれ物、これ以上進まずに、割れ目のみで乾燥へ。(クソっ、細いのに)
a0041183_16461047.jpg

枝分かれ部分の、渦ふたつ。芯を狙ったり外したりで、三ツ割もしてみます。
a0041183_1647658.jpg

a0041183_16485266.jpg

a0041183_16491045.jpg

それでも、欅には歯が立ちません、叩いても叩いても戻されます。さてさて、ドウシタモノカ。
a0041183_16532721.jpg

[PR]

by kunenkansouhouse | 2007-07-13 22:19 | 住まい・薪ストーブ  

<< 盛岡へ 娑羅の木(夏椿) >>