薪の屋根作り

今シーズンも北側に積む予定の薪置き場、ビニールシートでは重みで破けたり風で飛ばされたりでどうしても雪に負けてしまいます。よって、ポリカーボネートで本格的に屋根を製作中、それも、毎年取り外すことを予定して・アタッチメント方式・で行こう!

薪置きスペースはパレットを使い360cm×90cmサイズに、これに柱を立て屋根を載せよう思います。薪置きスペースは2ヵ所。
ポリカーボネートは180cm×66cm2枚使って180cm×130cm(もちろん、重なり部あり)の大きさに垂木で組み1枚とします。この組んだ物2枚と屋根部分(山型の)ポリカーボネートを使い取り外し可能な組み方を思案中。

180cm×130cm、4枚完成。ここで、途中で雨にたたられ断念。
a0041183_177389.jpg

[PR]

by kunenkansouhouse | 2008-07-26 20:10 | 住まい・薪ストーブ  

<< まつり太鼓練習 なす収穫 >>