ネット環境考える

ネット環境は日々進化している。今更ながら思う。
ワタシの生活環境も、お家を建ててから電話は携帯の生活に入り、「仕事兼個人は仕事場所にある」と言ういささか普通の生活から懸け離れた通信環境が続いています。電話は「何処でも携帯」で済みますが、ネット環境は仕事場のADSLのみ!純粋にパソコン使って何十年、携帯の画面サイズとキー入力はワタシにはチョット、パケホーだいだの何だの調べても、結局やりたい事の半分もできなさそう、だからといって家電話引く気にもなれず。
今月に入り、そのモヤモヤから解放されそうな予感、href="http://www.nttdocomo.co.jp/product/relate/a2502/index.html" target="_blank">A2502というUSB接続のFOMA通信カードのMacintosh対応と通信料金定額。定額はもう既に始まっていたが少し利用料が下がり、送信時は最大384kbpsは仕方がないけど 受信時最大7.2Mbpsは十分魅力的、Macintoshな人であるワタシには願ったり叶ったりのMacintosh対応ドライバ提供、Boot CampでのWindows Vista と 学習用のWindows XP機、という、三つの環境を現在持ちフルに活用すべく、思考が入る。自宅でも仕事場でもFOMAさえ繋がれば外出先何処でもOK!は魅力的である。
ネット環境変更の季節到来か?
[PR]

by kunenkansouhouse | 2008-09-01 09:49 | 住まい・薪ストーブ  

<< 防災の日 炭とダッチオーブンでごはんを炊く >>