煙突トップ詰まりだった。

じつは、数週間前の強風の後から薪ストーブの調子がオカシイ、家の中が煙く何処からか煙が漏れていそうで煙臭くなってきていました。確かに煙の引きが悪いくなっているとは思い、いままで薪ストーブの掃除、室内からの煙突掃除と手を付けていたのですが徐々に悪化してくるばかり、よぎったのは・煙突トップ詰まり・
確かに、今シーズン前に・室内からの煙突掃除・のみで屋根には登っていなかった、「失敗したかなー!」と思う。
仕事休みなのに突然の雪、「アチャーッ!屋根登ろうとしていたのにな!」
a0041183_21532836.jpg

しかし、午後三時頃には屋根の雪も完全に解け早速行動、妻にカメラを預け(ヾ( ̄o ̄; )オイオイ)いざ出陣、二年ぶりの見晴らしの良い屋根上だ。煙突トップを確認したら、「やはり」この一言に尽きました。タールがビッシリ引っ付いてこれでは・ヌケ・がよくないはずです。煙突トップを外し掃除開始、ドライバーのマイナス側でゴリゴリ落としてまずまずの状態に、
a0041183_2215524.jpg

a0041183_2222174.jpg

「あとはシーズン終わってから綺麗に仕上げよう」と自分に言い聞かせ下界へと戻りました。

今晩は3日ぶりの薪ストーブ焚き(臭過ぎて我慢の限界でした)、煙突の引き・ドラフト・も前のように強烈に戻り、ドアを開けても逆流無し!完全復活です。薪ストーブシーズンももう少し、ピザも魚も焼きたいです。
[PR]

by kunenkansouhouse | 2009-03-12 22:09 | 住まい・薪ストーブ  

<< 4度オイシい 歓送迎会 >>