<   2006年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

放っておく

薪ストーブ見習い中です。
着火後息子を保育所へ、所要時間15分、戻って来たときは200℃を超えていましす、追加の薪を足して早速巡行運転へ。
見ていなかったのであっと言う間でした。

やはり、放っておくのが一番なのかな!
[PR]

by kunenkansouhouse | 2006-02-28 21:05 | 住まい・薪ストーブ  

掃除・其の後に

掃除が入りました。

此所で、大変なものを発見!珪藻土の一部に剥げを、それも何かをひっかけた跡、大小二箇所・・・「ガーン」
とりあえず上塗りすればOKだと左官屋さんが言っていましたが少しショックです。
[PR]

by kunenkansouhouse | 2006-02-27 20:50 | 住まい・薪ストーブ  

仮設電源利用

電気屋さんが照明の仕上げに来ました。仮設電源でチェックをしたそうです。
[PR]

by kunenkansouhouse | 2006-02-26 23:32 | 住まい・薪ストーブ  

スサ

珪藻土最後の畳部屋へスサ入りの扇仕上げでお願いしました。私はイメージ通りで大喜びなのですが、義理兄は「かっこいいなー」と感心していました。

大工仕事もほぼ終わり来週月曜日に掃除が入る事となりました。

電気屋さんは明日日曜日も来るそうです。
[PR]

by kunenkansouhouse | 2006-02-25 23:25 | 住まい・薪ストーブ  

サクラ薪失敗

案の定、朝サクラが燃え残っていました。もう少し、全体に火を回さなければいけなかったみたいです。日中、義理兄に焚き続けてもらい夕方には小さい熾きになっていました。

シューズボックス製作中。磁石の数が全然まとまらずに把手のみです。

照明の取り付けに電気屋さんが来ました。施主支給物が多く迷惑をかけますがなかなか思ったものが無く残念です。
[PR]

by kunenkansouhouse | 2006-02-24 23:11 | 住まい・薪ストーブ  

サクラ薪

左官屋さん一人だけでの施工です。クローゼットと押し入れ、脱衣場とトイレを仕上げて行きました、

大工である義理兄は、下駄箱とキッチン続きの棚を造作ちゅうです。蝶番や取っ手はクラシック色、取っ手と蝶番が一つずつ足りなかったので買って来るそうです。

薪ストーブ試運転中、今までの雑木を種火に(乾燥が少し足りなさそうですが)極太のサクラを焚いてみる事にしました。夕方6時に付けましたが、消えているか燃え尽きているかは明日朝のお楽しみです。
[PR]

by kunenkansouhouse | 2006-02-23 23:01 | 住まい・薪ストーブ  

クローゼット&押入

納戸の棚作り完成。玄関のシューズボックスは個々のパーツを作りタイルが仕上がり次第取り付けるようにしました。左官屋さんは研修のためお休みだそうで、明日仕上がるかな?

預かっていた照明プランを昨日渡しましたが、あとのお楽しみになりそう。キッチンカウンター照明がイメージが湧きません、予定変更になりましたから、週末に取り付け?

クローゼットと押入の設計が違っていたみたいで指摘して正解でした。でも、材料が足りないので追加注文となりました。
[PR]

by kunenkansouhouse | 2006-02-21 23:06 | 住まい・薪ストーブ  

家電棚

大工仕事もあと少し、キッチン部の家電棚を製作中です。
夕方、最終サイズを確認したのであとは取り付けのみとなります。

左官屋さんは気温が暖かい(といっても6℃)のでポーチと玄関にタイルを張っています。だから、正面の窓からの出入りでした。

薪ストーブ、まだまだ高温で焚けません、(-_-;ウーン・・ よって、ガラスに煤が付いてしまいます。修行がまだまだ足りませんね!
a0041183_23103541.jpg

[PR]

by kunenkansouhouse | 2006-02-20 23:10 | 住まい・薪ストーブ  

アンモニア水

朝から薪ストーブのガラス磨きです。妻と二人で朝早くから寒い中格闘しましたがなかなかとれません、途中で諦めて焚く事にしましたが、どうしても諦めきれず夕方もチャレンジ!ティッシュよりも捨ててよい布にアンモニア水をたっぷり目に染込ませて擦るのが良さそうでした。
こんな事が無いように明日からの現場を考えようと思います。
[PR]

by kunenkansouhouse | 2006-02-19 22:01 | 住まい・薪ストーブ  

ガラスの煤

壁は足場掛けて吹き抜け部分を中心に仕上げています。
今日も試し炊きをしたのですが、左官屋さんが私のいない間に薪を足したみたいです。もちろんこのようなストーブの扱いを知らないので、びっしりと耐熱ガラスに煤とタールが付いていました。ストーブ設置業者が煙突の振り止めを設置しに来て私に言付けをして行ったみたいですが、原因は私ではありません(断言)!。必要以上の燃料は置かない事にします(教訓)。
明日は、朝からアンモニア水を持って耐熱ガラス磨きです。
[PR]

by kunenkansouhouse | 2006-02-18 23:50 | 住まい・薪ストーブ