安比高原スキーへ初滑り



吹き上げる風に舞い上がる雪や、断続的に降ってきた雪などありましたが、おおむね視界は良好。
数回のリフト練習を経て、私のもくろみ通りゴンドラで頂上まで行きました。

初級者コースといえども、頂上からゴンドラ乗り場までコケずに、それも
ノンストップで滑り降りた体力にはびっくりでして、
私なんかモモをぷるぷるさせながら負けじと我慢して滑り降りました。「あーしんどかったーっ。」

ここで分かった事はが二つ、
スキーの腕前と寒さを我慢できるのは娘より私だ、という事と、持久力は完全に娘の方が上だった。って言う事です。
家に着いて筋肉痛でヘロヘロの私を尻目に、けろっとして勉強などをしていましたっけ〜!
これには参りましたー。

娘の上達もまずまず確認でき、頂上から滑っては休みをしていたので、あっという間の五時間券でした。

a0041183_16593022.jpg

a0041183_16594393.jpg

a0041183_16595770.jpg

a0041183_170796.jpg

と、ここで終わると「あー良かった良かった!」ですが、じつはその前があるのです。

スキー場に到着したのが九時半頃、平日とあって車の数も大した事がなくセンターハウス近くへ、タイヤが雪を踏む音も「キュッ、キュッ」と鳴り雪質も期待大、外に出て実際を確認、ピーカンの天気、風も弱く、気持ちの中で「ヨッシャー!」トランクを開けて「あれ・?娘のスキーはあるのに私のが無い!なぜ?」ここで記憶を辿ると、朝、出発前の準備中、スキーにワックスを付けたのです、もちろん車から降ろして外に立てかけて・・・
そう、家の玄関横に忘れてきたのです。それも私のスキーだけ、が~~~ん!
もちろん、ここまできて滑らないわけにも行かず、人生初めてのスキーをレンタル、2700円也、勝手が分からず場所もよく分からず、(センターハウスに続きの建物、一階)レンタルの申し込み書を書きながら、あれっ身分証明に免許証!結局三十分以上無駄に過ごしてしまいした。(純粋には”無駄”とは言えませんが、なまじっか持っていると思うと、何かなー・・勿体ない)
[PR]

by kunenkansouhouse | 2008-01-17 20:44 | 家族と生活  

<< 始業を前に 冬休みの作品は・・・ >>